instagram twitter facebook

TRUNK DESIGN DESIGN STUDIO & DESIGN STORE

  • philosophy
  • socialproject
  • design
  • store & cafe
  • company
  • contact

「ここから、新しい未来の地図をつくりたい」

2009年、神戸の垂水という小さな海辺の町でトランクデザインは始動しました。

「町にも人にも近いデザイン事務所でありたい」
そんな思いから生まれた、町の小さな商店のようなガラス張りのオフィス&ストア。

小さな子どもを連れたお母さんや、近所のお年寄りもふらっと気軽におしゃべりをしに立ち寄れるような空間です。

ここで僕たちは、小さな活版印刷機や、年季の入った活字、自分たちの目と足でセレクトしたお気に入りの雑貨に囲まれて、
日々、人と対話し、ともに時間を過ごしながら、社会が今よりちょっと豊かになるようなデザインを追い求めています。

僕たちの身近にひそんでいる、すばらしい製品や技術、サービス。
それらのものごとに、新たな視点から光をあて、魅力を再編集し、それらを必要としている人たちの手元に、
幸せな形で届けるしくみをつくることが僕たちのデザイン。
それはまるで、新しい未来の地図をつくるような仕事。

愛すべきホームタウン神戸に根を下ろしつつ、日本各地そして海外の仲間たちとつながりながら、
僕たちの旅はこれからも続いていきます。

堀内 康広

アートディレクター、デザイナー

1981年兵庫県生まれ。幼い頃から絵や工作が好きで、中学生になると車のデザインに憧れるように。デザイン専門学校卒業後は印刷会社のデザイン部門に所属するかたわら、個人でオリジナルTシャツブランドを立ち上げ、制作と販売にいそしむ。

独立は2008年。2009年に社名を「トランクデザイン」とし、神戸垂水・商大筋にオフィス&ショップを移転・リニューアル。以来、企業の広告宣伝ツールの制作から、新製品開発プロデュース、ブランディング全般に至るまで、幅広く手がけている。近年はクライアントワークだけでなく、自らが起点となりヒト・モノ・コトを結びつけ、新しい価値を総創造するセルフプロジェクトも多い。2010年、紙や活版印刷の魅力を伝える初の個展「Paper Design Show」開催。2012年には兵庫県のモノづくりを紹介する「Hyogo craft」を立ち上げ、オリジナルプロダクト「森の器」や「iRoDoRi」、「megulu」、「Ku」を展開している。

気分転換に出かけるのはやはり海。海がないところでは暮らす自信がないほど、海の見えるこの環境から元気をもらっている。

愛車はVWカラベルとハーレー883スポーツスター。